省エネを計る良い方法|エネルギー診断なら株式会社エネルギーソリューションジャパン<東京都中央区>

株式会社 エネルギーソリューションジャパン

FAQ

印刷業界の者ですが省エネを計る良い方法はありますか?

印刷業において事業拡大と共に設備導入の費用もかさみ、電気使用量も増えています。電気料金の値上げのことも頭が痛く、対策を考えないといけないと社内でも話しています。同業の方であれば皆さん同じ悩みがあると思いますが、費用対効果が高い省エネ方法は何があるでしょうか?アイデアを頂けると有難いです。

answer

エネルギー使用状況を把握して有効なCO2削減、節電対策の特定することがお勧めです

電気料金や燃料料金が高騰しお困りの事業者の方は増えています。その支援のため補助金の増加、電力の自由化など様々な変化が事業環境に影響を及ぼしています。エネルギーに関する課題の支援のため、エネルギー診断を行う企業があります。エネルギー診断とは特殊な専門資格を持った診断員がお客様のエネルギー使用状況を確認することによりエネルギーの合理的な使用のアドバイスを行うことです。環境省によるCO2削減や節電ポテンシャル診断にあたります。お客様の状況により異なりますが5%〜40%の削減ポテンシャルの抽出に成功しています。例えば電気代が2000万円のお客様が20%の削減が出来た場合、年間400万円の電気代削減に繋がります。現地調査では施設の概要、主要な設備、稼働時間などエネルギーに関する事項のヒアリングの元、生産フローに沿って現物の確認、主要な機器、設備の運用状況、エネルギーコストなどの課題の確認を行います。
このデーターを元に分析し、報告書が提出されます。エネルギー診断費用は環境省のCO2削減ポテンシャル診断事業を受信されれば手出しはほぼ0円で受診できますので活用されるとよいでしょう。
  • Facebook

PageTop

街

Copyright(C) 株式会社エネルギーソリューションジャパン All Right Reserved.